業務と料金一覧


行政書士に依頼したくても、「実際いくらかかるのか?」とても気になりますね。中には、「全体としていくらかかるのか?」を掲載していなかったり、「行政書士報酬のみ」を強調しているだけで、その他の手数料や書類取得費用の記載がなかったりするホームページもあります。これでは、ちょっと不安になってしまいますね。

このページでは、皆さんが実際に「横内行政書士法務事務所に業務を依頼した場合」の、料金について一覧でご案内いたします。

申請先自治体が1箇所の場合…

申請先  申請報酬(税込)  申請手数料  御社負担分
 東京都 110.000円 81.000円  191.000円
 神奈川県 132.000円 81.000円  213.000円
 千葉県 132.000円 81.000円  213.000円
 埼玉県 132.000円 81.000円  213.000円
 その他の申請先 132.000円 81.000円  213.000円

※住民票・納税証明書などの法定書類については、1通あたり1.000円の法定書類取得費用をご請求させていただきます。

複数自治体に申請する場合には…

産業廃棄物収集運搬業許可申請の場合、「東京都だけに申請する」「神奈川県だけに申請する」という事業者さまの方がむしろ少数なのではないでしょうか?「東京都にも、神奈川県にも、埼玉県にも、申請しなければならない」といった複数個所の申請をご希望される事業者さまも多いと思います。

横内行政書士法務事務所では、『複数個所の申請のご依頼を1度に受けた場合』には、2件目の申請から行政書士報酬を「50%OFF」とさせて頂きます。

具体的にはどのような料金体系になるのかな…

以下では、会社の規模(取締役の人数)、申請先の件数(2箇所か3箇所か)を例示して、具体的に料金体系を掲載しております.。御社が実際に産廃許可申請を依頼する際の、費用の目安にしてください。複数申請のほうが断然お得です。

1.会社規模:取締役3名 申請先:東京都+埼玉県(計2か所)

項目 金額(税込) 備考
1 東京都産廃許可申請 110.000円 行政書士報酬
2 埼玉県産廃許可申請 132.000円 行政書士報酬
3 複数自治体同時申請割引 -66.000円 50%OFF
小計(1) 176.000円 行政書士報酬の合計
4 証紙代(東京都) 81.000円 東京都に支払う手数料
5 証紙代(埼玉県) 81.000円 埼玉県に支払う手数料
6 履歴事項全部証明書×2通 2.000円 法定必要書類
7 法人税納税証明書×2通 2.000円 法定必要書類
8 住民票3通×2か所分 6.000円 法定必要書類
9 登記ないこと証明書3通×2か所分 6.000円 法定必要書類
小計(2) 178.000円 役所に支払う費用の合計
小計(1)+小計(2) 354.000円 御社の費用負担合計

 


2.会社規模:取締役3名 申請先:東京都+埼玉県+神奈川県(計3か所)

項目 金額(税込) 備考
1 東京都産廃許可申請 110.000円 行政書士報酬
2 埼玉県産廃許可申請 132.000円 行政書士報酬
3 複数自治体同時申請割引 -66.000円 50%OFF(埼玉県申請分)
4 神奈川県産廃許可申請 132.000円 行政書士報酬
5 複数自治体同時申請割引 -66.000円 50%OFF(神奈川県申請分)
小計(1) 242.000円 行政書士報酬の合計
4 証紙代(東京都) 81.000円 東京都に支払う手数料
5 証紙代(埼玉県) 81.000円 埼玉県に支払う手数料
6 証紙代(神奈川県) 81.000円 神奈川県に支払う手数料
6 履歴事項全部証明書×3通 3.000円 法定必要書類
7 法人税納税証明書×3通 3.000円 法定必要書類
8 住民票3通×3か所分 9.000円 法定必要書類
9 登記ないこと証明書3通×3か所分 9.000円 法定必要書類
小計(2) 267.000円 役所に支払う費用の合計
小計(1)+小計(2) 509.000円 御社の費用負担合計

 


3.会社規模:取締役3名 申請先:東京都+埼玉県+神奈川県+千葉県(計4か所)

項目 金額(税込) 備考
1 東京都産廃許可申請 110.000円 行政書士報酬
2 埼玉県産廃許可申請 132.000円 行政書士報酬
3 複数自治体同時申請割引 -66.000円 50%OFF(埼玉県申請分)
4 神奈川県産廃許可申請 132.000円 行政書士報酬
5 複数自治体同時申請割引 -66.000円 50%OFF(神奈川県申請分)
6 千葉県産廃許可申請 132.000円 行政書士報酬
7 複数自治体同時申請割引 -66.000円 50%OFF(千葉県申請分)
小計(1) 308.000円 行政書士報酬の合計
4 証紙代(東京都) 81.000円 東京都に支払う手数料
5 証紙代(埼玉県) 81.000円 埼玉県に支払う手数料
6 証紙代(神奈川県) 81.000円 神奈川県に支払う手数料
7 証紙代(千葉県) 81.000円 千葉県に支払う手数料
6 履歴事項全部証明書×4通 4.000円 法定必要書類
7 法人税納税証明書×4通 4.000円 法定必要書類
8 住民票3通×4か所分 12.000円 法定必要書類
9 登記ないこと証明書3通×4か所分 12.000円 法定必要書類
小計(2) 334.400円 役所に支払う費用の合計
小計(1)+小計(2) 642.400円 御社の費用負担合計

 


お見積りをもらうことはできないですか…

上記でご覧頂いたように、申請する自治体の件数、取締役の人数によって、費用は変わってきます。やはり、事前に具体的な金額を『見積り』として確認しておきたいですよね。そんな方は、どうぞ遠慮なさらず、ご連絡ください。気になる方のために、事前にお見積りをご提示させていただきます。皆様からのお問合せを心よりお待ちしております。

その他

(1)実際にかかる費用については、個別の案件ごとに異なる場合がございます。

(2)事前にお見積りをご提示させていただきます。お気軽にお申し付けください。

(3)申請手数料の立替払いは致しかねますのでご了承ください。

(4)住民票などの法定書類は、1通につき1.000円をご請求いたします。

(5)請求書発行後5営業日以内に、指定の口座にお振込みください。

産業廃棄物収集運搬業の許可の申請代行をご希望の方は、お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの申請代行に関するご相談は、24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご希望の連絡先(必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る