「積替え保管あり」の許可を急いで取得しなければなりません!


弊所は、産業廃棄物収集運搬業許可の「積替え保管なし」の依頼だけでなく、「積替え保管あり」の依頼も承っています。「積替え保管あり」とは、「積替え保管施設」や「仮置き場」を自社で設置する種類の産廃収集運搬業の許可を言います。

御社でも「積替え保管施設」「仮置き場」があった方が「便利だし仕事が楽」といったことはないでしょうか?以下では、実際に弊所が受任した案件を記載いたします。

「積替え保管あり」の許可を急いで取得!

以前、弊所に『積替え保管ありの許可を急いで取得しなければならない』という事業者さまが面談にいらっしゃいました。お話しを伺うと、今すぐにでも自社施設で「積替え」「保管」を行いたいとのことでした。すでに東京都の「積替え保管なし」の産廃収集運搬業の許可を持っていて、廃棄物を多数取り扱っているので、急いでいるとのことでした。

弊所の対応

まずは、役所とのスケジュール調整

「積替え保管あり」の許可を取得するには、事前計画書の提出や現地調査といった手続きが必要になります。この場合、私たち申請者側の都合でいつでもOKというわけではありません。事前計画書の提出は〇月〇日、現地調査は毎週〇曜日というように東京都側の指定があります。そこで、まずは、東京都に電話をし、スケジュールを確認し、最短の予定を組めるように調整をしました。

次に「事前計画書の作成+指定作業場の設置届の提出」

次に、事前計画書の作成に取り掛かりました。事前計画書には、取り扱う廃棄物の量、保管場所の図面などかなり細かい部分の作成が必要です。この辺りは、会社の担当者さまとメールなどで密に連絡を取り合い、必要な情報を提供していただくなどして、作成しました。

またこれと同時並行して、市役所に指定作業場の設置届を提出しに行きました。

事前計画書の提出

東京都庁に事前に予約を入れておき、事前計画書ができてから事前計画書を提出しに行きました。あらかじめ書類を細かく精査していたので、大きな不備はなく、書類を受付けてもらうことができました。

現地調査

東京都庁の担当者の現地調査には、私も代理人行政書士として立ち会いました。事前計画書には相当細かく保管場所や保管量を記載したのですが、実際に現地に来て確認作業となると緊張するものです。この現地調査では、・一部の積替え保管場所をフェンスで囲うこと、・外部から自由に出入りできないように施錠すること、・廃棄物の保管場所ごとに「廃棄物名」を明記した紙をテープで貼ること、などの指導をうけました。

もっとも、大きな不備もなく、現地調査も無事クリアすることができました。

本申請

最後は、「積替え保管なし」を「積替え保管あり」に変更する「変更許可申請(本申請)」を行いました。

「積替え保管あり」は難しい?

行政書士事務所のホームページを見てみると、「積替え保管なし」の記載は充実していても「積替え保管あり」の記載がないホームページが圧倒的に多いです。その理由は「積替え保管あり」の許可申請が「積替え保管なし」に比べてとても難しく、手間がかかる作業であるからにほかなりません。

困ったら横内行政書士法務事務所へ

横内行政書士法務事務所は、「積替え保管なし」の産廃許可だけでなく「積替え保管あり」の産廃許可も承っています。「積替え保管あり」は申請自体がとても難しく、作業に手間がかかるため、事前の打ち合わせやメール・電話での情報共有を密に行う必要があります。

積替え保管ありの産廃許可申請でお困りの事業者様はぜひ、横内行政書士法務事務所へお電話ください。

産業廃棄物収集運搬業の許可の申請代行をご希望の方は、お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの申請代行に関するご相談は、24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご希望の連絡先(必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る